オフェンスラインの選手はチームの勝率と被サック数でバリューがほぼ決まる。
その為、同チームの選手は試合に出てさえすれば、ほぼバリューが変わらない。基本的に勝率の高いチームで去年のバリューの高い選手から選ぶと良い
が、一応各チームの1試合当たりの被サック数も調べてみる。以下は今年の被サックが少ないチームランキングで括弧内は昨年の順位(Week4がお休みだった49ersとジェッツは三試合で計算した)
順位 チーム 2019 2018
1(24) サンフランシスコ・49ers 0.7 3.0
2(5) カンザスシティ・チーフス 0.8 1.6
2(31) ダラス・カウボーイズ 0.8 3.5
4(2) ニューイングランド・ペイトリオッツ 1.0 1.3
4(4) ピッツバーグ・スティーラーズ 1.0 1.5
6(1) インディアナポリス・コルツ 1.5 1.1
7(15) フィラデルフィア・イーグルス 1.8 2.5
7(17) デトロイト・ライオンズ 1.8 2.6
7(22) ニューヨーク・ジャイアンツ 1.8 2.9
10(2) ニューオーリンズ・セインツ 2.0 1.3
10(8) ロサンゼルス・ラムズ 2.0 2.1
10(15) ミネソタ・バイキングス 2.0 2.5
10(26) オークランド・レイダース 2.0 3.3
10(26) グリーンベイ・パッカーズ 2.0 3.3
15(8) シカゴ・ベアーズ 2.3 2.1
15(21) ワシントン・レッドスキンズ 2.3 2.8
17(6) ボルティモア・レイブンズ 2.5 2.0
17(17) バッファロー・ビルズ 2.5 2.6
17(17) アトランタ・ファルコンズ 2.5 2.6
17(26) ジャクソンビル・ジャガーズ 2.5 3.3
21(6) カロライナ・パンサーズ 2.8 2.0
21(8) デンバー・ブロンコス 2.8 2.1
21(8) ロサンゼルス・チャージャーズ 2.8 2.1
24(14) クリーブランド・ブラウンズ 3.0 2.4
24(17) タンパベイ・バッカニアーズ 3.0 2.6
24(25) シアトル・シーホークス 3.0 3.2
27(12) ニューヨーク・ジェッツ 4.3 2.3
27(22) テネシー・タイタンズ 4.3 2.9
29(26) マイアミ・ドルフィンズ 4.5 3.3
29(32) ヒューストン・テキサンズ 4.5 3.9
31(12) シンシナティ・ベンガルズ 4.8 2.3
32(26) アリゾナ・カーディナルス 5.0 3.3
  平均 2.5 2.5

全体平均(2.5回)を昨年と今年ともに下回っているチームのオフェンスラインの選手が良いといえるだろう。
現時点で7チーム該当している、勝率の高いチームはやはり被サック数も少ない。この辺からバリューの高い選手を選ぶのがお勧め、という事になる

チーフス(4-0)、ペイトリオッツ(4-0)、
コルツ(3-1)、セインツ(3-1)、ラムズ(3-1)、ベアーズ(3-1)
スティーラーズ(1-3)

その他、カウボーイズが昨年31位から2位に大幅ジャンプアップ。好調続くかどうかも注目