シーズン開幕後バリューの計算式が一部変更となった。相変わらず謎は多いがまとめた。計算方法はゲーム内More→Efficiencyやフォーラムで確認することができるが、選手のデータと一致していない事が多い【追記:9/20よりHelpでも確認できるようになった。マメなバージョンアップがサイレントなので書いたことがふるくなるなあ】

OLのバリュー計算

項目 説明 OL
win チーム勝率 (win) x 10
%pt 試合出場数の割合? (%pt)/10
Weight 選手の体重(ポンド) (Weight)/40
SCK 1試合の被サック数 -(SCK) x 2.5
OLは体重(Weight)は固定。試合出場数はレギュラー選手であればがほとんど100%固定になるので、選手ごとのバリューの限界値がほとんど決まっている。サックの影響はQBよりも大きい。

BRのバリュー計算
項目 説明 WR TE RB
win チーム勝率 (win) x 10 (win) x 10 (win) x 10
AYD 1試合の獲得ヤード(ラン) (AYD)/2.5 (AYD)/2.5 (AYD)/4
REC 1試合のパスキャッチ成功数 (REC) (REC) x2 (REC)
YDS(R) 1試合の獲得ヤード(パスキャッチ) (YDS(R))/5 (YDS(R))/3.4(YDS(R))/5
FUM 1試合のファンブル数 -(FUM) x3 -(FUM) x3 -(FUM) x3
TD 1試合のタッチダウン数 (TD) x 6 (TD) x 6 (TD) x 6
TEはパスレシーブ回数が2倍のポイントに、キャッチのバリューも上方修正。RBのラン獲得ヤードのバリュー計算が変更(昨シーズンと比較して約4割の弱体化)去年はTEが不要だったので妥当だけどむごい。

QBのバリュー計算
項目 説明 QB
win チーム勝率 (win) x 10
%CMP 1試合のパス成功率 (%CMP)/10
YDS(P) 1試合の獲得ヤード(パス) (YDS(P))/10
AYD 1試合の獲得ヤード(ラン) (AYD)/2.5
TD 1試合のタッチダウン数 (TD) x 6
SCK 1試合の被サック数 -(SCK) / 2
ランの獲得ヤードの計算式が2.5なのでモバイル型の評価が高くなりやすい。

Kのバリュー計算
項目 説明 K
win チーム勝率 (win) x 10
FG 1試合のFG成功数 (FG) x 6
FGm 1試合のFG失敗数 -(FGm)
Xp 1試合のXP成功数 (Xp) x 3
Xpm 1試合のXP失敗数 -(xpm)/2
エクストラポイントとフィールドゴールの点差は2倍しかなく、長いレンジを決めることは評価されない。