Week1-2が終わり、NFL Manager内の選手の能力が今シーズンのものに差し変わった。これがゲーム内のシーズンスタートといえるだろう。特に告知もなく(見落としている可能性もある)、劇的に能力を差し替えちゃうのがこのゲームの特徴

開幕後の仕様
地味な変更としてTEの能力算出方法が変わった。BR(WR/TE/RB)のうちTEのみパスレシーブの回数(Rec)が2倍のバリューとなる計算式になったようだ。チーフスのトラビス・ケルシー(Travis Kelce)やイーグルスのザック・アーツ(Zach Ertz)は昨年よりもさらにバリューが高くなる可能性がある。しかし、2018年成績の上方修正はないので注意

week1-2で出場していない選手は昨シーズンのバリューを今シーズンのバリュー扱いとしている模様。引退した選手もそのまま使えそうだが、いつまでかわからないので注意

マイチームの状況

オフェンスのPLは約72.18→83.93と大幅アップ(開幕前のPLはパワーアップが6.5強乗っている)

01


ディフェンス約72→77.68とこちらもアップ(開幕前のPLはパワーアップが6.5強乗っている)
マホームズ獲得で無理したためCBの選手が一人もいなくなっているので補強が急務
10

とにかくパトリック・マホームズ(Patrick Mahomes)の獲得が良い方向に。シーズン前バリュー76.16から152.32へと倍増、レベル次第ではパワーアップなしで200超える。
Screenshot_20190917-091307_NFL Football Manager

マイチームエースQBのデショーン・ワトソン(Deshaun Watson)も70.5から117.55と強くなったものの及ばない。(レベル差は17あるのだが、マホームズの方が強い)
その他、ジャスティン・タッカー(Justin Tucker)も51.12から62.62と増え、ジュリアン・エデルマン(Julian Edelman)も36.26から66.46と増えた。トピックスとして書いた選手が活躍してくれて嬉しい