「NFL Manager 2019」の特徴を表すのがNew England Patriots(以下ペイトリオッツ)のJulian Edelman(以下エデルマン)のバリュー変遷

エデルマンはペイトリオッツのワイドレシーバー(WR)であり、人気実力ともにトップクラスの選手。2018シーズンも活躍していたが、2017シーズンはACL断裂の為、出場できなかった。

このゲームの仕様では今シーズンの直前の試合のスタッツ+前シーズンの成績で基本バリューが決まるため、エデルマンは他の選手よりバリューが低めになる。スーパーボウル直前のバリューは72.40でオークションで10M-15Mキャッシュ前後で獲得可能だった。(プレーオフ2倍補正の為、プレーオフに進出していない選手よりは強い)

853237059_214505

ペイトリオッツがスーパーボウルを制覇し、エデルマンはMVPを獲得。能力が72.40から102.80に跳ね上がる。オークションで入手可能な最強WRの一人となり、値段も40Mキャッシュを付けることもあるほど高騰する。恐らく、シーズンが全て終了し、2019開幕までこのバリューなのかと思ったユーザーが多数いたのだろう

853237167_225140

そしてシーズンオフになって査定調整。プレーオフ補正がなくなり、シーズン成績に均されて、102から36.2と64%減の大幅バリューダウンとなった。仕様を理解していなかったユーザーからフォーラムに投稿(課金をして40Mキャッシュ使って獲得したのに超弱くなった、どうして?)があったほど。問い合わせユーザーは特例で返金してもらったようだが本来は無理のはず。オークション落札価格も一時10Mキャッシュを割り込むほど下落した

853536631_65834

一般的なゲームであればリアルマネーで入手したキャラクターは保護措置があるかもしれないが、このゲームでは炎上してもおかしくないレベルで弱体化する。
エデルマンは2019年も期待ができるのでまだいい。
スーパーボウル直後、TOPPLAYERS(高いコストがかけないと入手できない優秀な選手)で登場、その後の査定でオークション(通常の選手の入手方法)となり、さらに現実で引退したPatriotsのGronkowskiも特に保障はない。

逆にSeahawksのRussell WilsonやRamsのJared Goffはオークションで入手可能だったが、バリューの上方修正に伴いTOPPLAYERSに変更された。オークションで入手できた人はかなり得をしたことになる。

こういう現実の試合との連動で一喜一憂するのがこのゲームの面白い所と思う