NFL Manager 2019攻略ブログ

NFL Manager 2019というゲームの攻略とアメフト試合の観戦記

NFL公式サイトで月間MVPが発表されている

月間MVP
攻撃部門:QBパトリック・マホームズ(KC)、RBクリスチャン・マカフリー(CAR)
守備部門:FSデビン・マコーティー(NE)、LBシャキール・バレット(TB)
スペシャルチーム部門:Pジェイミー・ギラン(CLE)、Pトーマス・モースラッド(NO)

月間新人賞
攻撃部門:QBガードナー・ミンシュー(JAX)
守備部門:LBブライアン・バーンズ(CAR)

マイチームから(?)はマホームズとブライアン・バーンズが選出されている。
活躍すると信じて獲得していても中々当たらないものだ

ゲーム的にもMVPを獲得した選手は当然高いバリューを誇る。しかし運営に活躍すると予想されたマホームズ、マカフリー、デビン・マコーティーはすでにトッププレイヤーリストに入っており、獲得コストが高くなってしまっている。

あえてオークションで入手できる(できた)コスパのよい選手をゲーム的月間MVPとするならば、
チーフスのトラビス・ケルシー(Travis Kelce)だろう
Screenshot_20191005-161200_NFL Football Manager

シーズンオフ中(昨年の成績)もTEの中で最も高いバリューを誇っていたが仕様変更に伴いさらに強くなった。チーフスはパスオフェンスのチームであり、TEは獲得ヤード数だけでなくパスキャッチの評価が高いので今後も試合展開にかかわらず安定したバリューになると思われる。

しかし、私にはザック・アーツがいるので獲得はしない。最近オークションで見ないのでトッププレイヤーにされてしまったかもしれない。

Week4が終わってゲーム内バリューがWeek3-4に更新された。
マイチームで見ると大幅に戦力がダウンした。

オフェンス:83.93→75.80
ディフェンス:77.48→73.29

ほとんどの選手がバリューを落としているが、特にレイブンズが連敗し、勝ち星がないことでKジャスティン・タッカーとRBマーク・イングラムの落ち込みが激しい。
また、チャージャーズのRBメルヴィン・ゴードンは試合に出ていないので44.48落としてスタメンから外れた。
ペイトリオッツは連勝し無敗継続したもののWRジュリアン・エデルマン、RBソニー・ミッシェル、CBジェイソン・マコーティーがWeek1-2に比べてバリューを落としている。勝ち続けていると内容まで問われてしまう。
唯一の明るい材料はテキサンズのDEJ.Jワットが活躍し、35バリュー増加した事。ワット格好いい。
しかし、リーグレベルによるが平均で80を切るとトーナメントのレベル6(AFC南地区)にパワーアップ無しで勝てなくなるので辛い所。Week5-6はみんな怪我無く頑張ってほしい

オフェンス比較
30

ディフェンス比較
31




オフェンスラインの選手はチームの勝率と被サック数でバリューがほぼ決まる。
その為、同チームの選手は試合に出てさえすれば、ほぼバリューが変わらない。基本的に勝率の高いチームで去年のバリューの高い選手から選ぶと良い
が、一応各チームの1試合当たりの被サック数も調べてみる。以下は今年の被サックが少ないチームランキングで括弧内は昨年の順位(Week4がお休みだった49ersとジェッツは三試合で計算した)
順位 チーム 2019 2018
1(24) サンフランシスコ・49ers 0.7 3.0
2(5) カンザスシティ・チーフス 0.8 1.6
2(31) ダラス・カウボーイズ 0.8 3.5
4(2) ニューイングランド・ペイトリオッツ 1.0 1.3
4(4) ピッツバーグ・スティーラーズ 1.0 1.5
6(1) インディアナポリス・コルツ 1.5 1.1
7(15) フィラデルフィア・イーグルス 1.8 2.5
7(17) デトロイト・ライオンズ 1.8 2.6
7(22) ニューヨーク・ジャイアンツ 1.8 2.9
10(2) ニューオーリンズ・セインツ 2.0 1.3
10(8) ロサンゼルス・ラムズ 2.0 2.1
10(15) ミネソタ・バイキングス 2.0 2.5
10(26) オークランド・レイダース 2.0 3.3
10(26) グリーンベイ・パッカーズ 2.0 3.3
15(8) シカゴ・ベアーズ 2.3 2.1
15(21) ワシントン・レッドスキンズ 2.3 2.8
17(6) ボルティモア・レイブンズ 2.5 2.0
17(17) バッファロー・ビルズ 2.5 2.6
17(17) アトランタ・ファルコンズ 2.5 2.6
17(26) ジャクソンビル・ジャガーズ 2.5 3.3
21(6) カロライナ・パンサーズ 2.8 2.0
21(8) デンバー・ブロンコス 2.8 2.1
21(8) ロサンゼルス・チャージャーズ 2.8 2.1
24(14) クリーブランド・ブラウンズ 3.0 2.4
24(17) タンパベイ・バッカニアーズ 3.0 2.6
24(25) シアトル・シーホークス 3.0 3.2
27(12) ニューヨーク・ジェッツ 4.3 2.3
27(22) テネシー・タイタンズ 4.3 2.9
29(26) マイアミ・ドルフィンズ 4.5 3.3
29(32) ヒューストン・テキサンズ 4.5 3.9
31(12) シンシナティ・ベンガルズ 4.8 2.3
32(26) アリゾナ・カーディナルス 5.0 3.3
  平均 2.5 2.5

全体平均(2.5回)を昨年と今年ともに下回っているチームのオフェンスラインの選手が良いといえるだろう。
現時点で7チーム該当している、勝率の高いチームはやはり被サック数も少ない。この辺からバリューの高い選手を選ぶのがお勧め、という事になる

チーフス(4-0)、ペイトリオッツ(4-0)、
コルツ(3-1)、セインツ(3-1)、ラムズ(3-1)、ベアーズ(3-1)
スティーラーズ(1-3)

その他、カウボーイズが昨年31位から2位に大幅ジャンプアップ。好調続くかどうかも注目

↑このページのトップヘ